40代 これからの身の振り方について考える

こんにちは、ふろいどです。

私は40代前半で、IT業界に身を置いています。

システムエンジニアとしてキャリアは20年程になり、現在は中間管理職としてプロジェクトマネジメントや予算・収支の管理をしています。

高齢になるまでIT業界で働き続ける事や、会社の業績悪化による倒産・リストラのリスクなど、漠然とした不安があり、定年退職を迎える年まで家族を養っていく事はできるのか?今自分が選ぶべき道は何なのか?・・・とても考えてしまうのです。

今日はこれからの自分が取りうる選択肢について考えてみたいと思います。

現在の会社で勤め上げる

当然ながら、これが第一候補です。

20年あまりも在籍し、管理職にまでなっているわけですからね。

でもね、システム会社で50過ぎても会社に居続けるってことは、ある程度出世しないと居心地悪いだろうなーと思うんですよ。

50代で管理職にならずに在籍している方も居ることは居るけど、業種的にやはり主戦力は20〜30代の若手が中心で、おじさんでもできる間接業務のポストを探してあてがわれているような状態ですよ。仕事をしていて楽しそうな要素はまるで無いし、職場の若手とも話しすらもする事ないというか・・・

かといって、年齢的にバリバリプログラム作ったり、残業したりするのも厳しいですし、何よりもそうした作業は単価が安いので、給与に見合わないんですよね。

やはり、IT業界は中高年には厳しいイメージですね。

個人的にはあまり出世欲は強くなく現場で作業したいタイプなのですが、会社という組織にいる以上は、やはり年相応に出世していく事が必要なんでしょうね。

転職する

40代からの転職、終身雇用の慣行が根強い日本では厳しいですよね。

ネットで検索してみても、中高年の転職は厳しい話に溢れてます。

余程の能力があるならキャリアアップする事も可能なんでしょうが、私のような一般ピープルは仕事が無いか、年収がガックリ下がるかのどちらかだとは思います。

ベンチャー企業なんかどうなのかな?

転職に関しては、今後、情報収集していきたいと思います。

起業する

転職が難しいなら起業してしまえ!

・・・と言いたいところですが、私はこれまで現在の会社でシステムエンジニアとしてわき目もふらず生きてきましたので、独立起業するような人脈やビジネスアイディアを持てていません。

全くもって情けない話です。

最近、テレビや書店で「シニア起業」というのを見かけますね。

今すぐには起業は無理かもしれませんが、50代に入った時を見据えて、そうした選択肢も持てるよう模索しておく事は必要なのかなと思います。

さしあたり、ネットや書籍で情報収集していようと思います。

起業塾などのイベントに参加してみるのも良いかもしれません。

選択肢を持てることが大事

何にせよ、人生はこれからもまだまだ続きます。結婚していれば、家族を養っていく事も必要でしょう。

社会の流れがどんどん加速し不安定になっている昨今、今勤めている会社がいつどうなるかはわかりません。来るべきリスクに備えて、自分自身が生計を立てる手段に選択肢を持っておく事が重要なのかなと思います。

そのために、会社の仕事だけではなく、第三の選択肢に向けた自己啓発も必要ですね。

日本は諸外国に比べ雇用の流動性が低く、一度仕事を辞めてしまうと転職が厳しい社会だと言われています。少子高齢化が進み労働力は減少するわけですし、政府も「一億総活躍社会」を標榜しているのですから、女性だけでなく中高年の雇用が少しでも改善する事を願います。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする