40代にして転職エージェントに登録してみた

仕事がいっぱいで耐えられないこんにちは、ふろいどです

以前、こちらの記事(私の人生このままでいい?もっと楽に生きられないものか)にも書いたのですが、現在の仕事は人は増えない割に、やることは増えるばかり。

毎日昼休みも休まず夜は遅くまで残業しています。山のように発生する調整ごとが片付けても片付けても、いくらでも沸いて出てきて、気の休まる暇がありません。

かといってワタクシも40代、いますぐ仕事を辞めて簡単に再就職先が見つかるとも限りません。

転職サイトには以前から登録しているのですが、政府が企業の求人での年齢制限を禁止している事もあり、表向きは募集要項にどのくらいの年代を募集しているのか書いていないのですよ。

でも、実際には企業が欲しい年代の人以外は落とされちゃうわけですから、若者はともかく、おっさん達には自分が応募する価値のある求人なのか見分けがつかないんですよね。

そんな事もあり、某大手転職サイトの転職エージェントに登録し40代でも採用歌可な求人がどの程度あるのか聞いてみる事にしました。

今回はその顛末を描いてみたいと思います。

職務経歴書を書く

転職エージェントに登録するとまず電話面談の日程調整をし、面談までに職務経歴書を作成して提出するよう指示がありました。

ワタクシ、恥ずかしながらこれまでの会社人生で転職に目を向けた事がなかったため、職務経歴書を作成するのも初めてでした。

某大手転職サイトでは、Web上で職務経歴書を作成するツールが用意されており、これを使って職務経歴書を作成。

それなりに考えて書く必要はあるものの、ゼロからWordなどで作成するよりは少し楽でした。

書いてるうちに、あらためて自分がこれまでやってきた事を振り返ることができました。

アンケートを提出

次に求められたのが、アンケートです。

転職したい理由や、今後どのような経験を積みたいか・・・など、転職エージェントが仕事を探す上で必要な事項をアンケートとして聞かれ、返事を描いて提出しました。

私が転職に求める要件は以下の2点。

  • 年収が多少減っても良いから残業が少ない仕事が良い
  • 副収入の道を模索中であるため、副業可の会社が良い

また、転職エージェントに相談したい内容としては、

転職すべきかどうかを悩んでいる。そもそも私のような40代のSEに転職先があるのかを知りたい・・・

と正直に書きました。

転職エージェントとの電話面談

そしていよいよ転職エージェントの方と電話面談をしました。

無料なのでどんなものだろうと思っていましたが、思った以上にこちらの求めている疑問や不安に対して相談にのってくれました。

得られた情報・アドバイスの要旨は以下のようなものでした。

  1. 求人の数は景気に比例するが、現在は40代のSEは需要はそこそこある
  2. 今よりも残業の少ない会社に転職する事は無理な目標では無い
  3. 副収入の道を模索するなら、副収入が安定するまでは現在の会社にいる方がリスクは少ない

このほか、同じIT業界でも残業の少ない業界や会社についての情報も聞く事ができました。

面談した結果・・・

転職エージェントからのアドバイスとしては、転職活動をする場合、複数社かけもちでアプローチしていく方が効率が良く、かなり忙しくなるとの事。

副収入の道を模索しているのであれば、両立は難しいと思われるため、副収入が安定するまでは現在の会社にいた方がよいのではないか・・・とのこと。

確かに仰る通りだなと思い、現時点では転職活動よりも副収入の獲得の活動を進める事にしました。

転職エージェントは様々な業界の給料相場や残業の多少などを把握しており、有益な情報が得られたと思います。

電話面談でありながら、気付けば50分も話してしまいました。

皆さんも一人で悶々と転職するか否かで悩んでいるのであれば、転職エージェントへの相談をしてみてはいかがでしょうか。

結局、転職しないとしても、何かしら得られるものはあると思います。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする