【仕事あるある】なんでもかんでも確認すんなよ!

仕事あるある 何でもかんでも確認

こんにちは、ふろいどです。

何でもかんでも確認しにくる部下や後輩っていませんか?

それ確認する必要ある?っていうような内容を確認しにくる人。
あれってなんなんでしょうね。
今日はそんな「仕事あるある」について考えてみたいと思います。

自信が無いから?いやいや・・・

新人で右も左もわからない状態ならいざしらず、2年目になっても3年目になっても・・・10年目になっても無意味な確認をしにくる人はいるもんです。

管理者の立場からすれば現場の業務をより深く理解してるのは明らかに作業担当だし、その作業担当が「これでいいですか?」って聞きに来ても「いいよ」って返すしか無いですよね。
自分の持ち場の範囲外のものが関係するとか、何か確認したい理由があるなら良いですが。

こうした人の心理って、自分の判断に自信が持てないからなのでしょうか?
いやいや、結局、「自分のせいになるのが嫌だから」なんだと思います。

上司にも問題があるのかも

何でもかんでも確認しにくる原因が「自分のせいになるのが嫌だから」なのだとすれば、それは上司にも問題があるのかもしれませせん。

失敗した時にフォローをしてあげてますか?

自ら判断して結果がトラブルになったときに、後始末も全部本人に背負わせてませんか?

そんな人が上司なら、そりゃー「あのときいいよって言いましたよね?」と言いたくなる気持ちもわかります。

実務上はトラブル出した本人が対応するのはもちろんですが、客先や関係箇所に謝ったり、いつまでに改善するか段取りを調整したり、上の人間がなすべきことはありますよね。

最後は信頼して任せること

あと私も若い頃こういう上司は嫌だな〜という風に思ってたのが、自分のやり方と違うという理由だけでどうでも良いことでダメ出しする人。

こーゆー人が上司だと、逐一確認して進めたくなっちゃいますよね。

はっきり言って部下は自分では無いですからね、自分がやったのと全く同じ結果を要求するというのはあまりにも了見が狭い!

しまいには「オレが若い頃はよぉ・・・」と武勇伝を語り出したり、本当にくだらない。

部下には部下のやり方があるのだから、それが自分と多少違ってもそれはそれでヨシとして尊重してあげないといかんですよ。

まぁ確かに、部下に何かをさせるってのは、経験が浅い人間だと不安なものではありますよね。でも、任せた以上は信頼して任せてあげないと、本人がいつまでたっても自立できないんじゃないでしょうかね。

・・・などと偉そうに書いていますが、私も頼れる管理職にはまだまだなりきれていないですね。精進します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする