大映ドラマ「スクールウォーズ」全話解説 第3話「謎の美少女」

スクールウォーズ ロゴ

こんにちは、ふろいどです。

「スクールウォーズ」全話解説、今回は第3話「謎の美少女」を解説します。
このドラマの醍醐味の一つ、ツッコミどころ満載な展開がそろそろ始まってまいります(笑)

あらすじ

3年生に部室に呼び出された賢治はキャプテンの尾本からラグビー部のコーチを降りるよう要求される。賢治のコーチを喜んでいた1・2年生たちも3年生に脅され、賢治のコーチをボイコットする。
怒りのあまりコーチを降りる賢治、山崎加代までもマネージャーを降りてしまう。
(ツッコミどころ1)

賢治は山城校長の勧めで、山城とともに落書きと破壊をされつくしたトイレの修復を始める。
山城は荒みきった生徒たちの「心のコーチ」になって欲しいという思いを賢治に話す。
トイレの修復が終わりかけた頃、不良生徒たちが窓から石を投げ込んでくる。
無残に壊れた窓をみて賢治は怒りに震える。(ツッコミどころ2)

学校を立て直すにはどうすれば良いか悩む賢治。
そんなとき、娘のゆかりがご飯の前におもちゃを片付ける姿を見る。
節子はゆかりと片付けをすることを約束したのだという。
これをヒントに、賢治は生徒と教師の約束を守らせることから始めようと考える。
校則に則った服装・髪型を守るよう、毎朝、校門に立ちチェックすることを提案するも
周囲の教師に協力を得ることができない。
賢治は一人で毎朝校門に立ち生徒の服装をチェックする取り組みを始める。
毎朝毎朝、生徒達にうるさがられながらも校門に立ち、声をかけ続ける賢治。
賢治の頑張りをみて、次第に同僚の甘利をはじめとし数名の教師が協力してくれるようになる。生徒の服装も徐々に改善を見せ始める。

賢治が校門に立ち始めてから1ヶ月後には服装の違反は激減したが、相変わらず不良グループとスポーツ部の不良たちは相変わらず賢治に反抗していた。
ラグビー部の1・2年生たちは上級生に脅され、登校時に服装違反をするよう強制される。
森田も例外ではなく、制服の着用を拒否するようになる。
上級生に脅された1・2年のラグビー部員たちは、山城と賢治が修復したトイレを再び破壊する。

賢治は学校の帰り道、川浜高校のOBを名乗る暴漢たちに襲われる。
教員の身である賢治は反撃することができず、なされるがままにやられてしまう。
節子は賢治に学校をやめるよう懇願するが賢治は学校に留まるという。(名言1)

翌日、森田は一人でトイレを修復する賢治の姿を目にし、壊しても壊してもトイレを修復する賢治を見て後ろめたさを感じるようになる。
森田は彼女の冨田圭子の励ましを受け、ラグビー部の上級生に「腹いせにトイレを壊すのは間違っている」と直訴する。
怒った上級生達は森田に神社の石段をうさぎ跳びで150往復するよう命じられる。
駆けつけた賢治は森田にやめるよう言うも、ラグビー部を除名されたく無いと森田はしごきを受け入れる。
ラグビー愛に心を打たれた賢治は森田とともにうさぎ跳びのしごきを受ける。

残り3回というところで上級生たちは森田に暴力を振るい妨害する。
そこに白馬に乗って圭子が現れ、馬とムチでラグビー部の上級生たちを追い払う。(ツッコミどころ3)

新楽でラーメンを食べる賢治と森田。
森田に圭子のことを聞くも、森田も圭子の家や素性を教えてもらえないままだという。
賢治は圭子がいった「信じてくれ」といった言葉を信じて待つよう勧める。
森田は次の日から制服で学校に通うことを宣言し、賢治にもう一度コーチになってもらえるよう頼む。

翌朝から賢治は1・2年生の有志とともにラグビーの早朝練習を再開する。
校庭をジョギングする賢治達の前に少年院から出所した番長の水原が現れる。
水原はラグビーボールにナイフを刺し、賢治に戦線布告するのだった。(ツッコミどころ4)

この回のツッコミどころ

ツッコミどころ1

3年生に脅され、賢治のコーチをボイコットする1・2年生。
森田までもが「あんたのやり方は基礎ばっかで面白くねーよ!」という始末。
前回、雨練習あんなにノリノリでやってたじゃんかよ(笑)

そして不良キャプテンの尾本。
「土下座してコーチをやらせてください っていうなら別だけどよ。」
その言い方が実に憎たらしい(笑)
名演技です。

ツッコミどころ2

せっかくトイレを修理したのに不良達に石を投げ込まれ、無残に壊れた窓を見た賢治のセリフ。
「ここは学校じゃ無い、戦場だ!」
もはや学園ドラマのセリフじゃありません。
滝沢先生の顔がスタローンに見える一コマです(笑)
そして、このシーンで見逃せないのが窓を壊された後の山城校長の顔
しょぼーんとうつむいてしまうのですが、これがもう、声をかけられないぐらい可哀想なんですよね。

ツッコミどころ3

全編通して屈指のツッコミ場面。
神社で3年の不良達にシゴキを受ける森田を、白馬に乗った圭子が助けにきます。
ドラマを見ていない方はハァ?と思うでしょう。
でも本当なんです。

そして伝説の名セリフ

馬上から失礼します、滝沢先生ですね?

馬を降りれば?というツッコミはもはや野暮。
ちなみに圭子の好きな果物はレモン、理由はラグビーボールに形が似てるから
いや、どうでもいいんですけどね(笑)

ツッコミどころ4

第3話のラストシーン。
赤のシャツに真っ白のスーツで現れる番長の水原。
どんな高校生なんだよ(笑)
「俺はこの学校が憎い!」と言ってラグビーボールにナイフを刺す番長、もはや狂気です。

この回のキーパーソン

この回のキーパーソンはなんといっても森田でしょう。
壊されても壊されてもトイレを修理する賢治を見て、森田は上級生達に立ち向かう決心をします。
そして服装違反を強制する上級生達に反抗し、制服を着て登校する事を宣言した森田。

俺、もっとましな男になったらきっと圭子もちゃんと家を教えてくれるような気がするんだ。

この小さな勇気が、その後、強豪ラグビー部に育っていくキッカケになるのです。

この回の名言

この回の名言は賢治が言ったこのセリフでしょう。

たしかに、俺みたいに殴られる教師は不幸だ。
だがな、そんな学校に通っている生徒たちはもっと不幸だ。

まったくです。
一部の不良生徒達のせいで学校はメチャクチャなんですから、普通の生徒にしてみればたまったもんじゃありませんよね・・・
しかし、そんな賢治をさらなる苦難が待っているのでした。

では次回は第4回「開かれた戦端」でお会いしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする