40代は仕事人生の岐路?エンジニアとしての自分 or 管理職としての自分

人生の岐路

こんにちは、ふろいどです。

これまでにも当ブログで何度か触れましたが、現在40代のワタクシは現職のシステムエンジニアで初級の管理職です。

これまでシステムエンジニアとして技術を身につけながら調整ごともこなし、何とか案件を運用開始に導いてきましたが、2年前に初級管理職となってからはどうも仕事のサイクルがうまくいっておりません。

それまでもプロジェクトリーダーとして人・物・金のリソース管理は行ってきましたが、役職として管理職になった事により、部下の服務管理や会社への予実績の報告など、システム開発プロジェクト以外の業務が格段に増えた事が原因です。

これらの仕事って、ワタクシ自身はハッキリ言ってやりたい訳ではありません(笑)

しかし、役職者となってしまった以上、これも仕事と割り切ってやらねばならないのはどうにも仕方無いでしょう。

では管理に徹しては?という話もありましょうが、ここがワタクシの割り切れないところでもあるのです。

システムエンジニアとしての自分を捨て、管理職への転換を図れるか・・・人により多少の前後はありそうですが、40代はまさに仕事人生の岐路と言えるのでは無いでしょうか?

なぜ割り切れないのか?

ワタクシは何故、システムエンジニアとしての自分を捨て、管理職に転換していく事に割り切れないのか?

理由を考えてみました。

エンジニアとしての仕事の方が楽しい

これはもう単純にこの通りですよね。

システムエンジニアの道を選んで就職したわけですから、ワタクシに限らず殆どの人はコンピュータでもの作りする事が好きだったんだと思います。

管理職として組織をコントロールする事に喜びを覚えるタイプの方もおられるかとは思いますが、ワタクシの場合は管理職の仕事に全く魅力を感じません(笑)

それよりも新しい技術を試して初めて動いた時の感動の方に未だ魅力を感じます。

エラーが発生して原因を追求している時が仕事している中で最も集中できるんじゃないかな。

技術を失うのが怖い

これもすごくありますね。

現在は初級の管理職であり現場リーダーの位置付けも半分くらい持っている微妙な時期なので、自分で実際に手を動かさなくなると、だんだんと今作っているものの仕組みがわからなくなっていきますよね。

その癖、プロジェクト方針的な判断は自分に委ねられるわけですから、これはもうキツいですよ。

何よりも技術を手放して管理職に特化してしまうと、今の会社以外で生きていく道を絶たれるような気がしてならないのです。

会社に特化したスキルなんかいらねーよ・・・と言いたい。

出世願望が希薄

出世願望ってのも無いですね(笑)

同期がみんな管理職になっているのに自分だけが下っ端みたいな状況はさすがに苦痛だろうから、出世願望ゼロとまでは言いませんが・・・

管理職になっても現場感覚が無くなっていく中で責任だけ背負わされる気がして・・・

収入が3倍・4倍になるならともかく、見返りは月数万の役職手当ってのじゃ正直「出世したくありません」っていうのはまっとうな感覚じゃないでしょうか?

もはや出世は罰ゲームだと言っても過言では無いと思います。

管理職になる以外のキャリアパスが無いのが問題

ワタクシのように管理職になりたく無いって人、多いと思うんです。

でも、現実にはプログラミングや実装に関わる作業の単価が安過ぎて、ある程度の年代になると企画・設計フェーズに移っていき、最終的には管理職に・・・っていうのは収支構造上の規定路線となってしまってるんですよね。

この収支構造も既に30〜40年前の価値観で出来上がったもので、現代のエンジニアは次々出てくる新しい言語や考え方に対応しなくちゃいけないですし、周囲を引っ張っていける一人前のエンジニアに育つまでには時間がかかります。

せっかく育ってきたエンジニアを現場から卒業させざるをえない今の組織の在り方って本当にもったい無いと思うんですよね。

誰にとっても幸せじゃないというところが何ともやるせないです。

同じ40代でフリーランスのエンジニアをされている方、本当に尊敬します。

ワタクシも若い頃にそうした道を選んでいれば、また違った人生があったのかもしれませんね。

そして最後に、これを書きながら気づいてしまった事。

それは・・・

仕事やもの作りが嫌になったんじゃない、会社に務めるのが嫌なんだ!

ってこと。

これからどんな道に進むのか?

ワタクシはまだ暗中模索中ですが、同じ想いを持たれている40代の皆さん、ともに頑張りましょう。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする