【超初心者がデジタル一眼レフカメラに挑戦】シャッタースピードを変えながら撮ってみる

こんにちは、ふろいどです。

さてさて、どハマり中の一眼レフカメラの撮影ですが、今回は、公園の池で流れる水をシャッタースピードを変えながら撮影してみました。

滝のように流れる水、どのくらいのシャッタースピードでどんな写真が撮れるのでしょうか?

せっかく一眼レフで撮るのだから、時間を止めたかのような、水しぶきがクッキリな写真が撮りたいですよね。

実際に撮った写真を見ながら検証してみたいと思います。

使用した機材と設定

今回も相変わらずの撮影機材です。

ボディ: ニコン D5300
レンズ: ダブルズームキット付属の標準レンズ
             AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
三脚   :  未使用(もってない・・・)

撮影時の天候は快晴。

シャッタースピードを上げていっても明るさは十分確保できそう。
シャッタースピードを様々な値に変えながら撮影するため、シャッタースピード優先オートモードに設定します。
ISO値もオートに設定しました。

撮った写真の全景はこんな感じです。

シャッタースピードの検証題材

写真中の赤枠の部分を拡大して水しぶきの写り具合を確認していきましょう。

今回撮影に使ったカメラの情報はコチラのサイトにてご覧ください。
軽くてお手頃価格、少し練習すればド素人の私でも下のような写真を写すことができした。
一眼レフの入門に最適な一台です。

いざ撮影!

というわけで、いざ撮影!

シャッタースピード 1/30

噴水の撮影1

シャッタースピード:1/30  F25  ISO:140

水の動きがとらえられてる感じですね。
1/30だと、水しぶきを切り取ってみせるというよりは水の動きを見せたいときに使う感じでしょうか。
滝なんかだと、こういう写真もアリかな〜

シャッタースピード:1/320

噴水の撮影1

シャッタースピード:1/320  F18  ISO:640

かなり見やすくなったけど、まだまだ水しぶきの一粒ひと粒が鮮明に・・・という感じには遠いですかね。

もう少しシャッタースピードを早くしてみます。

シャッタースピード:1/500

噴水の撮影3

シャッタースピード:1/500  F14  ISO:640

かなり水しぶきが見えるようになってきました。

が、水しぶきが止まったような・・・というにはまだ遠い感じです。

もっと上げていきましょう。

シャッタースピード:1/1600

噴水の撮影4

シャッタースピード:1/1600  F8  ISO:640

このくらいですと、十分に水しぶきがとらえられています。

このくらい撮れれば十分な気もしますが、せっかくなのでカメラの最高速度で試してみましょう。

シャッタースピード:1/4000

ワタクシの愛機 D5300の最高スピードです。

噴水の撮影5

シャッタースピード:1/4000  F5  ISO:640

いいですね。
ここまでくると、水しぶき一粒一粒がハッキリととらえられていて、
まるで時間が止まっているようです。

滝を撮影する機会があれば、是非、1/4000で撮影してみたいものです。

撮影してみて

シャッタースピード1/500でも十分水しぶきは捉えられていますが、予想通り、シャッタースピードを速めれば速めるほど、水しぶきがクッキリハッキリ写りますね。

滝などではできるだけ速いシャッタースピードで撮影したいものですが、今日のように快晴でなければ明るさが確保できないかもしれません。

写真の明るさを確認しながら、できるだけ速いシャッタースピードで撮るのが良さそうですね。

それにしても、シャッタースピードを上げていくと、ちゃんとF値が解放されていきますね、シャッタースピード優先オートモードがちゃんと効いている証拠です。
現代のカメラは本当にすごい。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする