【一進一退】踏み切れない自分。漠然とした不安に立ち向かうには

自由への分かれ道

こんにちは、ふろいどです。

以前から当ブログには

なぜ会社が嫌になってしまったか? 初級管理職になったが何かが違う・・・

などの記事で
何度か書いていますが、ワタクシは現在の仕事に悩み、正直、今すぐにでも転職したいと思っています。
プレッシャーやストレスで悩みに悩んで眠れない日もあるわけですが、何故、さっくりと転職に踏み切れないのでしょうか?

理由は3つあると思います。

1.社会から見た自分の価値がわからない
2.エンジニアとして何歳までやっていけるかが不安
3.収入が激減すると家族を養えない

つまり不安なのです。
先日読んだ本「あきらめない練習」の著者 植松努さんは
最近Facebookでこんな発言をされていました。

安心とは、安心させてもらうものではありません。
与えられて得られる安心は、他者に生殺与奪を握られている状態です。
それは、安心ではないです。
安心を増やすためには、不安と立ち向かう必要があります。
不安がっているだけでは、不安が増えるばかりです。
不安の原因を考えて、それが本当に不安なのかを考えて、
優先順位をつけて、準備すれば、安心が増えます。

植松務さんのFacebook 2017年9月11日の投稿より引用

ごもっともです。
自分の価値を正しく知ること、そして足りない技術や知識があればそれを身につけることが不安の解消に繋がるのだと植松社長は仰ってます。
まったくその通りですね・・・

こちらのFacebookの投稿はワタクシのように悩めるサラリーマンの生き方について、ヒントに満ち溢れています。同じような悩みを抱えている方、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

自分の市場価値を調べる方法を考えてみた

不安要因1位「社会から見た自分の価値がわからない」
思えばこれがワタクシの人生で一番の不安要因だと思います。
今の会社での仕事はシステムエンジニアとは言いながらも、ITの技術が身に付くとは言い難く、関係各所との調整と予実績の報告資料を作る毎日。
こんなことばっかり毎日やっっても、今の会社でしか通用しないスキルなんじゃないか?
今の会社に居られなくなったらどうやって生きていくの?
という漠然とした不安が付きまといます。

例えば1日だけお試しで他の会社で仕事する機会なんかがあると良いのでしょうが・・・
あとは副業ですよね。
日本の会社の大半は副業を禁止しているというのも、労働者を会社に縛り付けておくための、会社にとって都合のよい仕組みですよね。

というわけで会社員のまま自分の市場価値を確認する方法を考えてみました。

1 転職サイトの診断
2 キャリアコンサルタントにアドバイスをもらう
3 ボランティアやコミュニティへの参加

どれも即効性のありそうなものではありません。
1・2はどの程度信用できるのか、サービスの質に左右されそうです。
ただ、すぐにできそうなものではあるので、近いうちに試してみようと思います。

3は時間がかかりますが、自分を磨くという意味でも良いのかもしれません。
ワタクシもあるIT系の有資格者の団体に所属しており、その団体の皆さんがとても優秀な方が多いため刺激を受けています。
もう一つくらい、別の活動もしたいなと思っています。
今までやったことがないけど、ボランティア活動に参加するのも新しい自分に出会うために良いかなと。

とにかく自分を磨くこと

転職するにせよ、今の会社で生きていくにせよ

スキルを磨き続けること
会社外に仲間を作ること
自分を発信すること

これらは続けていかなきゃいけない。
会社での顔とは別の顔やスキルを磨くことは絶対必要です。
社会人として生きている以上、これで終わりというものは無いですよね。
常に新しいものを勉強し取り入れていく必要があります。
世の中は人工知能やデータサイエンスが大流行ですが、今のところ自分の業務には関係なくても、学んでいかなければならんでしょう。
やってるうちに道が開けるかもしれない。

もがき苦しむ日々はまだまだ続くけど、少しづつ、自分を変えていきたいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする