40代にしてプログラミング学習サイトで勉強を始めてみた

プログラミング

こんにちは、ふろいどです。

このところ、ブログの更新をサボっており久々の更新です。

以前にも書きましたがワタクシの職業はSE(システムエンジニア)というものです。
そして、これまた再三書いておりますが、現在の仕事に不満があり転職したいと思っています。

しかし、転職サイトを眺めてもなかなかワタクシのスキルセットにマッチするSE職がなかなか見つかりません。
というのも、ワタクシ、入社して3~4年くらいの段階でリーダーっぽい職位につくことが多くなってしまい、以来、プログラムを書いていません。
プログラムを書かなくても良い職位と言えばシステム開発のプロジェクトマネージャなんかなのですが、私の経験してきた職種が特殊だったこともあり、あまりマネジメント経験もいかせそうにありません。
ある程度、人の作ったプログラムを見ることはできるのですが、自分で作るとなると、やはり日頃から手を動かしてないと厳しいですよね。

そんなわけで、40代になって今更「バリバリのプログラマーになってやる!」と息巻いてるわけではないのですが、いまの仕事を続けるにしてもプログラミングができることは無駄にはならないだろうと思い、プログラミングの勉強をし始めました。
まともにプログラムを作るのは、10数年ぶりです。

効果的なプログラミングの勉強方法って?

プログラミングの勉強というと、ワタクシの場合、数年に一度くらいは本を手にとってやろうと思うのですが、やはり題材(=作りたいもの)が無いと挫折してしまいます。
というか、作りたいものが無いので一通り本の写経をしたらそこから先に進まないのです。
これは仕事でプログラムを作る人との大きな違いです。
プログラミングはあくまで何かを実現するための手段なので、作りたいものがなければ、そもそも手を動かすことができません。
いつもこれで挫折してしまうのです。

そんな事を考えながら、今時のプログラミングの学習方法を調べてみたところ、最近はWeb上の動画やスライドでプログラミングを学習するサイトが流行っているとのこと。
練習問題が充実しているサイトもあるようなので、これなら挫折せずに続けられるのではないか!という期待もあり、早速試してみました。

プログラミング学習サイト4選

最近流行りのプログラミング学習サイトをいくつか試してみましたので、レビューしてみたいと思います。

ドットインストール

URL:https://dotinstall.com/

動画を見ながらプログラミングを写経して学習するタイプのサイトです。
動画は1本3分程度に纏められており、気軽にサクサクと学習できます。
開発環境の構築は動画で指示された方法でインストールしていきます。
この辺りが、「手っ取り早くプログラムを書き始めたい!」というゼロからの入門者には少し敷居が高いかもしれません。

そしてこのドットインストールの特徴は、なんといっても言語・講義内容の充実度が高いことでしょう。
あらゆる言語、フレームワークが揃っていると言って過言ではありません。
これだけのコンテンツが月980円で見放題(2017/10/15現在)というのは魅力を感じます。
ただ、動画の再生速度が非常に早いです。
これは課金すると再生速度を変換できるようなので、やはり課金して使うのがベストなのでしょうか。
また、演習問題のようなものが無いため、動画学習を終えたあとの腕試しをする題材は自分で探さなければならないのが難点でしょうか。

お手軽度                  :3
わかりやすさ              :4
カリキュラムの充実度  :5
飽きずに続けられる度 :3

paiza

URL:https://paiza.jp/

ドットインストールと同じく、動画を見ながらプログラミングを写経して学習するタイプのサイトです。
動画は1本3分程度に纏められており、気軽にサクサクと学習できます。
paizaの特徴は、Webブラウザ上にプログラムを打ち込むエリアがあり、そのまま実行できることです。
このため、開発環境の構築というものが必要なく、初心者の方でもすぐにプログラミングの練習が始められます。
これは凄いなーと感心してしまいました。
動画で学習した後にはスキルチェックとして、演習問題が用意されていますので、これを解いていくと自らアルゴリズムを考えてプログラミングを実践することができ、飽きがきません。これは非常に良いところです。
なお、paizaは転職サイトも兼ねており、スキルチェックの問題をクリアすると企業からのオファーが来るなど、スキルアップと転職活動が結びついているところも面白いですね。
なお、本サイトも初歩的な講座は無料で受講可能ですが、高度なものを受講強い場合は月額600円(2017/10/15時点)の課金が必要です。

お手軽度                  :5
わかりやすさ       :4
カリキュラムの充実度 :3
飽きずに続けられる度 :5

progate

URL:https://prog-8.com

これまでのサイトとは違い、Webブラウザ上に解説のスライドを表示し、スライドを見終わってから練習問題を解くというスタイルです。
paizaと同様にWebブラウザ上にプログラムを打ち込むエリアがあり、そのまま実行することが可能です。
個人的にはこのスタイルが一番気に入りました。
動画ですと、ついていくのに大変な事もありますし、スライドの方が動画よりも書いてある内容が深いというか、より「なぜそうなのか?」がわかりやすく解説されているように思います。
よって、原理を覚えながら身につけていくには、このprogateのスタイルがベストなのではと思います。
しかしながら、残念なことにまだコンテンツが少ないです。
こちらも高度な講座は有料となり月980円で見放題(2017/10/15現在)なのですが、講座の数が少なく、現時点では課金する気になれないな・・・というのが実情です。
今後の講座の充実に期待したいと思います。

お手軽度                  :5
わかりやすさ              :5
カリキュラムの充実度  :2
飽きずに続けられる度 :4

Udemy

URL:https://www.udemy.com/

こちらはプログラミングに特化したサイトではありませんが、プログラミングの講座が充実しているため載せておきます。
Udemyはプログラミング開発だけではなく、ビジネススキルやマーケンティング、趣味のものまで、様々な分野の専門家が動画による講座を公開しているサイトです。
動画のみとなりますので、開発環境の構築は、各講座の動画内の指示に従って構築することになります。
動画はほとんどのものが有料で、1万円〜2万円するものもザラにあります。
しかし、結構な頻度でセールを実施しており、このタイミングであれば1講座1200円程度で購入数することができます。
動画の内容は、AIやデータサイエンスなど専門性の高いものが多く、目的別に使い方を解説してくれるため、実践的な知識を得やすいのではと思います。
これ見てると、会社で受けている研修なんかでもグループ討議など大勢が集まって実施する必要性があるものは仕方ありませんが、座学で学べるものは全てUdemyで良いのではないかと思ってしまいました。
それだけ講座の内容が充実しています。

初学者から一歩先に進みたい方は、Udemyを覗いてみる事をお勧めします。

お手軽度                  :3
わかりやすさ              :5
カリキュラムの充実度  :5
飽きずに続けられる度 :3

実際に使ってみて

これらのプログラミング学習サイトを使ってみて感じたのは、昔に比べてプログラミングを学習するための敷居はかなり下がったなぁーーーと感じました。
かなり学習しやすいですし、サイトによっては飽きない工夫もされてますよね。
paizaやprogateのWeb上での開発環境には驚きました。
世の中、どんどん便利になっていますねぇ。

ただ、どのサイトもまだ発展途上というか一長一短な感もあります。

ドットインストールは講座の数は非常に充実しているのですが、演習問題が無いため、ワタクシの場合は長続きしませんでした。

progateは解説が最もわかりやすく演習問題もあるため、学習効果は最も高いように思うのですが、講座の数が少なすぎます。

paizaも講座の数は多くありませんが、演習問題にあたるスキルチェックが無料で利用できるため、最近はもっぱらこちらを利用し腕を磨いています。

Udemyは特定の言語を覚えるというよりも、もっと具体的な分野別の使い方(例えばWebアプリケーション開発とか、AIの原理など)を学ぶには非常に有用な講座が多いです。

こんな状態ですので、上記のサイトを少しづつ「つまみ食い」しながら学習していくのが良いのでは無いかと思います。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする