老後の不安に備えてお金の知識に疎い40代サラリーマンが始めた節約と蓄財

マネープラン

こんにちは、ふろいどです。

40代サラリーマンの私は、これまで真面目に会社の仕事さえやっていればお金に困る事はないだろうと思って生きてきました。

仕事が忙しかったので家計のことは妻に任せきり。

節約や資産運用について真面目に考えたこともなかったし、現にお金の知識も殆どありませんでした。

実にお恥ずかしい話ですが、仕事に追われる40代サラリーマンにはそんな方も多いのではないでしょうか?

今回はマネーリテラシーの低い40代サラリーマンが老後に備えて始めた節約と蓄財の方法についてご紹介します。

特に40代サラリーマンは所帯持ちであればお子様にお金がかかる時期でもありますので、現在の生活レベルを落とさずに実践できるものを考えてみました。

そもそも老後に向けていくら貯金すれば良いの?

明るい老後

40代に入って老後がリアルに見え始め、お金について真面目に考えるようになると、老後を迎えるにあたっての不安要素ってたくさんあるなと実感するようになりました。

  • 老後の生活費はいくら必要?
  • 年金の支給年齢は上がってしまうのか?
  • 早期に病気で働けなくなったら収入がなくなってしまう?

ファイナンシャルプランナーの本を読んだり、Webで調べても諸説紛々で正直どれだけ備えたら良いのやら・・・不安は募るばかりです。

でもよく考えてみれば、未来の事は誰にもわからないのは当たり前なのです。

だから、会社を退職するまでに◯千万貯金するみたいな具体的な目標に縛られて、貯金のために過度に生活レベルを落としたり、旅行に行くのを我慢するといったことも良くないのかな・・・と。

なので、老後を迎えるまでにいくら貯金する必要があるかという議論は置いといて、まずは生活レベルを落とさずにできる節約・蓄財を調べて実践する事にしました。

【節約】スマホの格安SIM化

格安スマホ

私は恥ずかしながら昨年まで大手キャリアのガラケーを利用しており、料金プランも見直すことなくきていたので、月額3,500円ほど支払っておりました。

スマホ化する際に大手キャリアで見積もりをとったところ、月額6,000〜7,000円まで上がってしまうということで、格安SIMに乗り換えました。

格安SIM化することにより、パケット通信3GBコースで機種代の分割払いも含めて月額2,000円以内に収めることができました。

格安SIMでよく心配されるのは回線がカバーするエリアや品質ですが、格安SIM会社はdocomoやau等の大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているため、回線の品質は大手キャリアと特に差を感じません。

借りている回線速度に限りがあるので、混雑する時間帯はあるのかもしれませんが、私の場合、今のところそういった不満もないですね。普通に使えています。

私はゲームはやらないですし、動画は自宅のWifi環境でしか見ないです。

やることと言えばWebでニュースやブログを見るか、嫁とのLINE、ツイッターくらい。

その程度なら月3GBで十分です。

機種もHUAWEIのnova lite という最安の物を選択しておりますが、何ら困る事はありません。

ただし、格安SIMは無料通話が含まれていないプランが多いので、通話を多くする方は注意された方が良いでしょう。

UQモバイルなら無料通話付きのプランもあるので、ちょくちょく通話される方にもオススメです。

【節約】ふるさと納税の活用

ギフト

ふるさと納税とは、以下のような制度です。

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

[総務省 ふるさと納税ポータルサイト]より引用

自治体に寄付すると様々な「お礼品」を受け取る事ができます。

つまり、実質2,000円の負担で様々な「お礼品」を受け取ることができる制度なのです。

「お礼品」には、地域ごとに決まっており食べ物や家電製品、商品券など様々なものがありますので、あなたのご家庭で必要なものもきっと見つかります。

以前は、ふるさと納税の寄付額を必ず確定申告する必要がありましたが、最近は「ワンストップ特例」制度を利用することにより寄付先の自治体が5つまでであれば確定申告なしで控除を受けることが可能になりました。

節約という観点からいくと、我が家は食べ盛りの息子がおりますので「お米」が非常に助かってます。

浮いた分のお金を貯蓄や投資に回せば効率的に蓄財できますよね!

ふるさと納税のお礼品探しや申し込みはさとふるから簡単にできますよ!

【節約】株主優待の活用

マネーリテラシーの低い私にとって、株式投資は難しそうだし、「仕事で忙しいのに毎日株価のチェックなんて無理!」と思って敬遠しておりました。

しかし、こちらの過去記事でご紹介した栗林篤 著 [サラリーマンのままで副業1000万円]を読んで「株主優待」というものがあることを知り、株を売ったり買ったりして利益を得るのではなく、長期保有することにより優待を得るという手段があることを知りました。

私の場合は、イオン系のスーパーをよく利用することからイオン(8267)の株を100株購入しました。

イオン株を100株保有することにより、株主優待としてオーナーズカードが発行されます。

オーナーズカードを持っているとイオン系のスーパーで100株ですと3%のキャッシュバックを受けることができます。

他にもファミレスや牛丼チェーン等の優待を定期的に受け取れるなど、生活費を抑えるために役立つ優待が沢山あります。

株主優待銘柄はこちらのサイトで調べることができます。

楽しい株主優待&配当

ちなみに、私が株式投資で利用している証券会社はマネックス証券です。
売買手数料が低く抑えられているので、おすすめです。

株式投資は株価の変動や投資先の倒産等のリスクがあることを認識した上で、自己責任で行なってください。

【蓄財】個人型確定拠出年金(iDeCo)

株価

老後に向けた蓄財の手段として個人型確定拠出年金(iDeCo)を始めました。
iDeCoについてはこちらのページで詳しく解説されています。

iDeCoで資産運用する商品は各種投資信託の他に元本保証の定期預金もあり、どの商品にどれだけの割合で投資するかを自由に選択することができます。

iDeCoと普通に貯蓄する事の違いを私は以下のように考えています。。

・投資信託などで運用することにより利回りが良い
・運用益の所得税だけでなく、掛け金についても所得税の控除があり税制面で有利

もちろん、投資信託等のリスク資産で運用する場合は元本割れの危険性もあります。

ただ、長期投資ですぐに必要になるお金ではないため、株価が低迷しているときはそのまま置いておけば良いと考え、40代の今は国内・海外の株式投資信託で運用しています。

50代を過ぎたら、時期を見計らって無リスク資産の割合を減らして行く考えです。

iDeCoのデメリットとして、自分で積み立てたお金なのに60歳になるまで受け取る事ができないという事が挙げられますが、老後の資産形成を目的とした制度なのでこれは仕方ないですね。無理の無い範囲で積み立てしましょう。

私は手数料の低いマネックス証券でiDeCoを運用しています。

投資は元本割れのリスクがあることを認識した上で、自己責任で行なってください。

時間を味方につける

タイムマネジメント

これまでご紹介した方法は、いずれも一攫千金というものではありません。
しかし、長い時間かけてコツコツと積み上げて行く事により、気づけば大きな差を産む事ができます。

40代の我々が老後を迎えるまでに、まだ10数年あります。

過度に高い目標を立てて我慢するのではなく、時間を味方につけて、コツコツとお金を積み立てて行きましょう。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする