【書評】「自分らしく生きる!40代からはじめるキャリアのつくり方」

書評

こんにちは、ふろいどです。

私は40代で管理職となり、仕事が嫌で嫌で仕方がなくなっている中年サラリーマンです。
自分の仕事人生を今後どのようにしていくべきか迷いに迷いまくっており、本を読んだり、キャリアカウンセリングを受けたりと、日々、自分の道探しにもがいています。

そんな中で出会った1冊をご紹介したいと思います。

書名 :自分らしく生きる!40代からはじめるキャリアのつくり方
「人生の転機」を乗り越えるために
著者 :石川邦子
出版社:方丈社

この本の概要

多くの人にとって人生最大の転機となるかもしれないミドルエイジ。
中年期の転機には大きなエネルギーが必要となるが、この転機を「成長するいい機会」と捉え前向きに乗り越えて欲しい・・・そのような著者の想いから、本書はキャリアと人生を良い方向に転換していくためのヒントが詰め込まれた一冊です。

著者の石川邦子さんは、大手IT企業勤め役員にまで登り詰めますが、40代に転機が訪れてキャリアコンサルタントに転身されたという経歴の持ち主です。

対象読者が40代という点もありますが、著者の石川さんが私が今興味をいただいているキャリアデザインの分野に転身された方という点でも興味を惹かれ、本書を手に取りました。

読んでみると、やっぱり今の私に必要な知識やヒントが満載の一冊でした。

中年期は人生最大の岐路

そもそも自分は何故、自分のキャリアについて悩んでいるのか?
仕事が多少キツくたって、うまくいかないからって、今の世の中、ある程度安定した収入があればそれで良いのではないか?
自分は単なる無い物ねだりをしているだけなのか?

そうした葛藤が私の中に渦巻いているのですが、本書では中年期の心理的な葛藤をミッドライフクライシスと呼び、誰にでも多かれ少なかれあることと説いています。
読み進めていくと、まさに現在の私のことが書かれているような気持ちになるほどです。

誰にでもあることなんだ。

そう思えるだけでも少し楽な気持ちになれました。

そして、ミッドライフクライシスを乗り越えるための考え方、自分と向き合い答えを導き出していくヒントを与えてくれます。

ミッドライフクライシスに立ち向かうか、身を任せるか

本書で一番心に響いた部分を引用したいと思います。

転機が訪れたとき、その変化をそのまま受容して流れに身を任せる人と、その変化に立ち向かって主体的に乗り越えようとする人がいます。

もしあなたが主体的に乗り越えたい、自分で人生をコントロールできるように変わりたい、成長を実感できるように変わりたいと思うなら、それがどのような変化であってもきちんと向き合い、自分がどのように変わりたいのかを考えることがとても大切です。

〜第1章 中年期のキャリアで悩んでいる方へ より引用〜

自分がどのように変わりたいのか?

「このままではいけない、何かが違う」そう思っていることは確かですが、具体的に何をして良いかわからない。
そんな状態を脱したい。
そのためにも自分と向き合い、じっくり考えなさいと本書では説いています。

その上で、著者が40代でIT企業の管理職からカウンセラーに転身したきっかけや、当時の不安・葛藤があったことも触れられており、本書を通して「あなたも頑張って乗り越えなさい」と勇気を貰ったような気がします。

私にとって、本書は何度も読み返す一冊になりそうです。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする